未分類

もう9月か


8月はバイトばかりで忙しくて(書くことがなくて)

更新が滞っていました



8月のバイト代でいろいろ買いました!



2012-09-11 23.20.31_compressed

左から

MHL. でシャツとカットソー
A.P.C でデニム
Paul Smith スニーカー

を買いました!


最近MHL.にハマってます

a0149539_174899.jpg
MHL.の春物ブルゾン(拾った画像です)

↑のブルーが

Usedで元値の5分の1くらいで売ってたので即購入しました(笑)

まったく綺麗な状態!

なんでこんな安いんや(笑)

春物だけどこれから着ると思います




高い服はほどほどにして

いっぱい買いたいのだけれど




スポンサーサイト

SONYのイヤホン「XBAシリーズ」


おひさしぶりの更新です。


最近SONYさんが「XBAシリーズ」なるイヤホンを発売しましたね。


実は私が普段使っているイヤホン「UE700」が断線しそうで・・・


プラグの付け根が裂けてきて、いつ使えなくなってもおかしくない状況ですw


そこで、今日は日本橋のヤマダ電機で「XBAシリーズ」を試聴してきました!



この「XBAシリーズ」はSONYさんとしては初となるBA型(バランスド・アーマチュア)のイヤホンで

そのBAドライバも自社開発!ということでかなり気合の入った商品だと思います。

基本ラインナップとして

「XBA-1SL」、「XBA-2SL」、「XBA-3SL」、「XBA-4SL」の4機種があり

他に、iPhoneのコントローラがついたのとか、ノイズキャンセリング機能がついた機種がありました。


XBA-○SL←SLの前につく数字が、搭載されているBAドライバーの数です。

BAドライバーは再生できる音域が狭いので

より豊かな音にするために高音用、低音用、など

複数のドライバーを載せることがあります。




XBA-1SL~4SLまで聞いてみて


まず、一番好みの音はXBA-3SLでした!

高音と低音のドライバーが追加されているからなのか

カナル型(耳栓型)なのにとても音場が広く、開放的な印象をうけました。

少し高音が耳に刺さる感じもしましたが

不快なほどではなく、むしろキラキラしていて良いと思いました。




この4機種「XBA-1SL」、「XBA-2SL」、「XBA-3SL」、「XBA-4SL」は

搭載ドライバーが1個増えるごとに5000円ほど価格が上がります。

XBA-4SLはXBA-3SLにさらにスーパーウーファー(超低音)が追加されたものだそうですが

比べて聞いてみて

5000円の差は感じませんでした笑

私が低音をそんなに重視しないから、というのもあると思います。



上記と同じ理由でXBA-1SLとXBA-SLを聞いた時にも

価格差ほどの音の差は感じませんでした。


XBA-1SLとXBA-3SLでは明らかに差を感じました!


「XBA-3SLは予算オーバーだから、2SLにしようかなー。」
         ↓
「1SLと2SLで大差ないならSLでいいんじゃね?」


そこで値段を比べてみた


XBA-1SL

5/12の時点で、\3,846!

4000円切ってる!www

安い!

この価格なら手軽に扱えるし

なにより5000以下のイヤホンだと考えると

XBA-1SLはじゅうぶんすぎる能力があります!


と、いうわけで

UE700が壊れちゃったら「XBA-1SL」を買ことにします


SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-1SL XBA-1SLSONY 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-1SL XBA-1SL
(2011/12/10)
ソニー

商品詳細を見る


欲しいもの(RED WING 8144)




RED WINGの8144が欲しくなってきました・・・


31258680.jpg


31258680_o1.jpg








※以下引用

"「RED WING 8144」 SLATE BLUE


美しいSLATE BLUEをまとったレザーが、「RED WING」ならではの“Abilene(アビレーン) Roughout”。今回の完全限定モデル「RED WING 8144」は、ショップ『THE ARMY GYM』にて先行販売(3月末ごろ~)される。日本のほかのショップでも取り扱う可能性はあるが、半年遅れの秋冬シーズンから販売される予定となっている。

Photo by THE ARMY GYM - Nigel Cabourn

レッド・ウィング社だからこそ実現できた完全限定モデル

「Slate Blue Abilene」は、Roughoutとして一枚革を裏返して銀面(スムーズな表面=牛の皮膚の側だった面)を内側に、床面(起毛している内側)を外側にして使用している。

通常のスエードは、一枚のレザーを薄くカットし、内側の革の銀面側にあたる断面を使用することが多い。つまり、銀面のついた一枚革を、銀面を内側にして使用するのはとても贅たくな製法といえる。

このようなラフアウト・レザーは、かつて登山家が靴の革の表面に細かな傷がつくことで、防水性や耐久性が損なわれることをきらい、銀面を内側にして靴をつくったことからはじまったと言われており、現在でもアウトドア、ワーク、ミリタリー用の靴でよく用いられている。

これは、自社で革のなめし工場(タンナー)を所有しているレッド・ウィング社だからこそ実現できた製品で、美しいブルーグレーは、春夏のスタイルに個性的にフィットする。"


"仕様:
⠕レッドウィング8144
⠕日本の代理店では扱っていないアメリカンモデル
⠕6インチ高
⠕ラウンドトウスタイル
⠕ラフアウト(スエードタイプ)、魅力的な淡いブルーのニューカラー "Slate Blue Abilene" レザーアッパー
⠕淡いブルーのレザーレースとナイロン虎ヒモの2組付き
⠕"グッドイヤー"レザーウエルト
⠕クッションウェッジソール
⠕アメリカ製"


だそうです


限定かぁ…

お金貯まるの待ってたら売り切れちゃうのかな?


ちょっと無理して買おうかなぁ


色が明るくてかわいい

靴ひもが2種類ついてるってのもいいなぁ!





このまえの交通事故の賠償で

中古の原付を買ったらオツリでコレをかえそうなんですよねwww


それが9月中なのか10月になるのか




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。